勘違いをされていることも多い!テラスハウスとはどんな物件なの?


テラスハウスは連棟式住宅のこと

テレビ番組の影響もあってか、テラスハウスというと、複数人で暮らすシェアハウスをイメージする人も少なくないようです。しかし実際はそうではなく、2階あるいは3階建ての連棟式住宅がテラスハウスと呼ばれています。壁によって複数の隣家が続いているため、長屋建てとも言われることがあります。イギリスではよく見られる建物ですが、日本では数が多くありません。それでも中にはテラスハウス物件もあり、賃貸として借りられるところも存在しますよ。

一戸建てのように暮らせる

テラスハウスの魅力の一つに、上下の部屋を使えることが挙げられます。一般的な賃貸は、ワンフロアの一室だけでの生活となりますが、テラスハウスの場合は上下がワンセットになっていますので、一戸建て同様に行ったり来たりをすることが可能です。上下の部屋に他人が住むことがないため、足音などを気にせずに暮らすことができます。とはいえ壁で隣家と繋がっている以上、音への配慮は必要不可欠です。

テラスハウスは共有部分がない

一般的な賃貸は、玄関や廊下、エレベーターなどが共有部分として設けられていますが、テラスハウスの場合はそれがありません。出入り口も独立しているため、例えば住人と廊下ですれ違って挨拶をするといったこともなく、そうしたコミュニケーションが苦手という人にとって住みやすいと言えそうですね。

専用設備が設けられていることがある

テラスや専用庭、専用駐車スペースが設けられていることがあるのもテラスハウスの特徴でしょう。そもそもテラスハウスは、テラスや庭があることでこのように呼ばれており、広がりのある生活を楽しめます。ただ、賃貸物件ですと設備がマチマチなこともあるため、環境をよく確認する必要があると言えるでしょう。

千歳の賃貸物件を探すなら、不動産仲介業者のホームページを活用してみるといいでしょう。各業者が取り扱っている物件の家賃や間取り等を、参照することができます。