必読!押さえておきたい注文住宅のメリット、デメリット


マイホーム購入に伴う3つの選択肢

マイホームを購入する際の大きな選択肢として注文住宅にするか、それとも規格住宅、建売住宅にするかという問題があります。同じ新築住宅ではありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。理想のマイホームを目指すなら最も自由度が高い注文住宅が最有力となりますが、理想を追求するためにはクリアしなければならない課題もあります。まずは3つの選択肢について基本的な知識を持ち、自分に合った方を判断することが大切です。

注文住宅にはこんなメリットが

注文住宅は外観のデザインをはじめ間取りや建材など住宅の細部まで施工主の希望に沿って建築することが可能です。一方、建売住宅や規格住宅はあらかじめ決まったラインナップの中から自分達の理想に近いものを選ぶことになります。一生住み続ける家を自らの手で作り上げたという満足感、達成感が注文住宅の最大の魅力と言えるでしょう。また、土地の形状に合わせて設計するなどの柔軟な対応ができるのも注文住宅の強みです。

注文住宅は大変な面も多い

生涯に一度の大きな買い物を自分達の理想どおりに作り上げるのが注文住宅の一番のメリットですが、施工主が自ら選択したり判断しなければならないことが多く、その分時間と労力が必要です。注文住宅の場合は大手のメーカーや工務店よりも設計事務所に委託するのが一般的で、建築費の総額も建売住宅や規格住宅に比べて高額になります。そのため、家計の負担が重くならないように建材選びなどで妥協を強いられる場面が出てくるかもしれません。一方、建売住宅や規格住宅は自由度が低いものの手続きが簡単で入居までの期間が短く、総費用を安く抑えられるなどのメリットがあります。

横浜の注文住宅は、横浜の中でも人気の場所に建てることにこだわるか、新築する家の間取りや設備にこだわるかのバランスが大切です。