安全なオートロック物件を借りよう!!内覧時のチェックポイントはどこ?


オートロックにもいくつかの種類がある

比較的新しい賃貸マンションであればほぼ付いていると言ってもいいのがオートロックの設備でしょう。一般的な賃貸マンションは誰でも各戸の玄関ドアまで入ってこれますが、オートロックは建物に入るための鍵が必要になるので、基本的には入居者以外しか建物内に入れません。安全性が高いのでわざわざオートロック物件を条件に探す人もいるようですが、オートロックにもいくつかの種類があるので注意が必要です。一番シンプルなのは玄関鍵と同じシリンダー錠で開けるタイプで、少し古い物件で見かけるかもしれません。最近は暗証番号を入力するタイプが主流で、更に新しいタイプだと指紋認証にしているところもあります。指紋認証なら番号を忘れて入れないリスクが無いメリットがあります。

共通玄関以外の入り口があるかどうか

賃貸マンションで付いていてほしい設備としてオートロックを挙げる人が増えていて、対応する物件も増えているようです。不動産屋でオートロック付きの希望を出せば該当する物件を紹介してくれるので、その中からいい物件を内覧しに行くといいでしょう。内覧する時にはオートロックが無駄になっていないかどうかをチェックする必要があります。実は物件によっては開錠の操作が必要な共通玄関以外に建物内に入れる経路があり、それを知っている侵入者であれば自由に建物内に入れてしまいます。また一階の廊下の塀があまり高くなければ簡単に乗り越えられてやはり自由に入られるでしょう。不動産屋や貸主に聞いたり、自分の目でも確認するようにしましょう。

苫小牧の賃貸物件の周辺には、多くの小中学校や高校があります。また、個人病院をはじめ、市立病院といった総合病院もあります。大型のスーパーもあり、買い物にも有用です。