仕事用だからこそこだわりたい!賃貸オフィス物件の選び方を学ぼう!


仕事に適した作りであることが何よりも重要

賃貸オフィスを利用する際は家賃や交通の便も重要な選択肢ですが、それ以上に業務に適した作りの物件を選ぶことを忘れてはいけません。いくら好条件な物件でも、仕事内容に合わない作りでは毎日の業務に支障をきたすおそれがあるためです。特に車両を使ったり大量の荷物を出し入れする機会が多い仕事は物件の良し悪しが業務の効率性に大きく影響するので、必ず物件の下見を行ってから判断することを心がけます。駐車場や物置などの付随設備がある物件は家賃が割高になるのが普通ですが、業務が滞ってしまうと会社の運営すら危うくなってしまいます。あくまでも仕事に適していることを最優先にしつつ、費用や利便性を考慮することが優良物件に巡り合うための心得です。

共有スペースがある物件を利用する際の注意点

雑居ビルのように複数の入居者が利用する賃貸物件を利用する場合、共有スペースの使い方にも気を配らなければいけません。エレベーターや廊下などを長時間占有するのは社会的なマナーに反していると共に、物件に入居する際の規約に抵触する可能性があります。他の入居者からのクレームが入ると家主から退去を要求されるおそれもあるので、賃貸契約を結ぶ際は必ず利用規格を確認し、その内容を遵守することが大切です。荷物の出し入れはできるだけ短時間で済ませ、物件の周囲に車両を停めるのも避けるように心がけます。また、賃貸オフィスへ誘導するための看板を置く場合も必ず物件の家主に許可を貰うことを忘れてはいけません。

仕事で独立を考えた時、事務所が必要です。折角なら、一等地の港区で開業したいと思いませんか?港区で賃貸事務所を探しましょう