土地選びで忘れてはならない!実地に行って調べよう!


土地選びは見て決めよう

土地を購入するときには立地に加えて面積や形状などを書類上から確認して候補を絞っていくのが一般的です。周辺環境についてもインターネットを通じてどんな建物があるかを見ることができるようになっているため、現地に行かなくても特に問題なく良し悪しを判断できるかのように思う人もいるでしょう。しかし、契約をする段階になる前に一度は土地を実際に目で見てきた方が安心です。遠方の場合には手間がかかるのは確かですが、実際に見てみると写真などではわからなかった情報が入ってきます。

何を確認して決めるべきか

実地で土地を見てみると広さなどがはっきりとわかるのは確かで、その印象があまりにも広く感じたり狭く感じたりすることもあります。ただ、建物が建ってしまうと思っていたよりも狭いという印象を受けることが多いため、この段階で広いなと感じても少し狭い土地を選ぼうと考えないのが妥当です。それでは土地を実際に見るときに何が重要なのでしょうか。

確認する必要があるのは周辺環境と土地の状態です。インターネットを通じて画面で見ている周辺環境と、実際に見た環境とでは雲泥の差がある場合もあります。特にインターネット上の情報は古いことが多いので、実際には近くに大きな建物がある場合もあるでしょう。また、異臭や騒音などの問題がないかも現場に来てみないとわかりません。土地の状態については荒れ放題になっていないか、ぬかるんでいないかを確認しておくのが賢明です。基礎工事に莫大な費用や期間がかかってしまうリスクがあるからです。

スズキ・ランディは、システムがエンジンルームにコンパクトに収まっているので室内が広くなり、低燃費で走ることができます。