どこに重点を置けばいい?失敗しない注文住宅の設計方法


快適性を左右する生活動線

自分の理想の家造りをするにあたって重要となるのが生活動線です。生活動線とはリビングやキッチンなど家の中を移動する経路のことを言います。どんなに機能性に優れた設備を備え付けても、動線がスッキリとまとまっていなければ快適な生活を送ることはできません。設計をする時は、利用頻度の高い場所を往来をスムーズにできるように間取りを考えることが大切になります。

水の流れを意識した屋根の形状

注文住宅を設計する上で、見落としてしまう人も多いのが屋根の形状です。使用する素材などによって若干の違いはありますが、住宅の屋根は形状によって生活に何らかの影響が出ることもあります。デザイン性を追求するあまり、屋根を複雑な形状にしてしまったことで、雨が降った時に入隅や出隅から雨漏りしてしまうというケースも少なくありません。こうしたトラブルを防ぐためにも、屋根の形状は可能な限りシンプルにすることが重要になります。

室内の景観を良くするための収納スペース

利用頻度が少ない荷物を収納するスペースも、家造りの大事なポイントの一つです。家の中に十分な収納スペースが確保されていないと、室内にそのまま置く形となり、景観が悪くなるうえに生活にも支障が出てしまうこともあります。布団やレジャー用品などあらかじめ収納する物をイメージして余裕を持って入れられる広さで設計をすることが大切です。狭小住宅のように広さの問題で作るのが困難な場合は、階段の下や床下収納など空いているスペースを有効活用すること解決できます。

千葉の注文住宅を建てるときには、温暖な気候を意識して風通しがいい間取りを取り入れるように気を付けましょう。