狭小住宅のメリットは?選び方のポイントと間取りの取り方


狭小住宅を選ぶメリットとは?

狭小住宅とは15坪程度までを指すのが一般的です。狭小住宅は広大な土地の確保が難しい都市部に多く見られ、維持費を抑えやすいというメリットがあります。マンションのように隣接する部屋を気にすることなく、低コストで都市部の利便性が手に入るのもメリットの一つです。狭小住宅の場合、敷地いっぱいまで建てるため庭を作ることはできません。戸建て住宅でありながら庭の手入れが不要な点もメリットといえるでしょう。

土地を選ぶ際のポイント

狭小住宅は駐車場のスペースもなかなかとれない場合があります。車を所有する際は1階部分に駐車場を設計するのが一般的ですが、できるだけ車の出し入れがしやすい立地を選ぶのがポイントです。駐車場を作らない場合は問題ありませんが、交通量の多い道路に面した土地は狭小住宅にはあまり向きません。狭小住宅は採光を工夫して狭く見えないような設計を行う傾向にあります。そのため、最低でも一方向は日差しを遮る建物がない場所を選ぶようにしましょう。

狭小住宅は階段の配置に注意

狭小住宅は間取りの取り方次第で快適に使うことができます。その際、注意したいのが階段の配置です。階段は、できるだけ建物の端に寄せるようにし、デッドスペースを作らないようにしましょう。どうしても建物の中間部分に階段を作る場合は、壁を設けずにオープンな作りにすると開放感を演出できます。または、螺旋階段にしてできるだけ階段に面積をとらないようにするのもいいかもしれません。階段に壁を作るなら、透明のアクリル板を使って視界を広げる工夫もできます。

狭小住宅とは日本における住宅とひとつです。その名の通り、狭い土地に建てられる事を想定された住宅ですが、その明確な定義は存在しません。一般的には約15坪以下の土地に建てられる住宅を指す事が多いです。