賃貸のお風呂はどこをチェックする?広さは大事?換気の機能は重要?


汚れにくいお風呂かどうか

賃貸物件の下見に行くと大体きれいな状態を見られます。きれいに掃除されていたり設備の入れ替えなど一部をリフォームしていたりもします。お風呂も以前誰かが使ったのでしょうが、その形跡を感じないぐらいきれいなので自分も同じようにきれいに使えると思って借りるかもしれません。しかしいざ使ってみるとすぐに汚れがついて掃除が大変な時もあるでしょう。お風呂の汚れで大変なのがカビと水垢で、カビは一旦生えるとどんどん増えるので厄介です。カビが生えないためには換気が必要で、換気の仕組みが十分整っているかをチェックしておきましょう。換気扇はついているでしょうがそれ以外に浴室乾燥機能があるとより換気がしやすくなりカビが生えにくくなります。

浴槽にこだわるのはいいのか

賃貸物件の下見の時にお風呂の浴槽の大きさを確認するかもしれません。服を着たまま入って広さを確認できるので、希望の広さがあるか確かめておきましょう。理想としては足を伸ばせるぐらいの広さでしょうが、狭いところだとひざを抱えて入らないといけないところもあります。お風呂が広い物件は人気がありますし賃料も高くなりがちですが、お風呂にこだわらずコンパクトなタイプでもいいなら賃料がお得になるかもしれません。他の条件はそろっているが浴槽が狭いだけで見送る人がいますがそこまでこだわる必要があるかを考えましょう。体を洗うときにシャワーだけで済ます人なら浴槽の広さは関係ありません。広いとその分掃除も大変になるのでそれも頭に入れて選ぶと良いでしょう。

札幌中央区の賃貸物件のおすすめポイントは、何より買い物に便利!地下鉄や市電も通っているので、車を持たない人でも簡単に移動することができます。