快適な住宅環境を!間取りを決めるポイント3選


自由に間取りが決められる注文住宅

自分の好みに合わせて自由度の高い住宅が建てられる注文住宅。図面とにらめっこして、自由に間取りを決めていくことはとても楽しいです。しかし間取りの良し悪しによって、普段の生活に大きな影響を与えるので慎重に決めていきたいものです。注文住宅における間取りを決めるポイントは主に3つあります。

生活動線に注意しながら間取りを決めよう

間取りを決める際に、生活動線の問題は見逃すことができません。何故なら、暮らしやすさを決める上で生活動線は大きな影響を与えるからです。例えば、廊下がない間取りは開放的ですが、来訪者がいるときには入浴などの日常生活の動作が制限されてしまいます。そのため、生活動線を考えるときに重要なことは、起きてから寝るまでの動線を図面に書き込み、不便な箇所がないかチェックすることです。

風通しの良さに注意してみよう

住宅内の風通しを良くすることで、新鮮な空気を送り込むことはとても大切なことです。風通しを良くするためには、窓の配置に気をつける必要があります。基本的には窓の向かい側にドアを取り付けると良いです。そうすることで、窓から入った風が反対側のドアの方へ抜けて風の通り道が作られます。もし向かい合わせの配置が難しい場合、天窓をつけるなどの工夫をしてみると良いでしょう。

収納スペースもしっかり考えよう

注文住宅の間取りで良く失敗するのが収納スペースです。せっかく収納スペースを作っても、荷物の出し入れが不便だと片付けがうまくいきません。収納スペースを考える上で大切なのが、現在の荷物の量がどれ位なのかをチェックすることです。さらに、良く使う荷物とそうでない荷物に分けて、良く使う荷物が手に届く範囲に収納できるかを考えることが肝心です。

都心からアクセスが良いのにもかかわらず土地代も比較的低め、ライフスタイルの変わり目に戸建てを考えているファミリー層に人気な埼玉の注文住宅が、おすすめです。