どれだけの費用を掛けることができる?家づくりの設計と予算


家づくりの平均予算はいくらか

英づくりをすることは、多くの人々にとって大きな憧れです。しかし、家づくりは決して安い買い物ではありません。設計段階から、どの程度の予算を掛けるのかをしっかりと考えなければなりません。家づくりにかける平均予算は、およそ2,000万円程度です。この予算の中で、どれだけこだわりを強く家を作ることができるかを、設計の段階で着き詰めることが重要です。2,000万円は平均予算ですが、すべてのひとがこの予算を用意できるわけではありません。基本的には、用意することができる頭金の金額が、全体のおよそ20%となるように予算計画を立てることが必要といわれています。

まずは優先順位を決めてから設計

ある程度の家づくりの予算を決めたのならば、設計を始める前に家づくりにおける優先順位を決めることが必要です。家づくりに関して様々な理想を持つ人がいますが、そのすべてをかなえる予算がないのならば、優先順位を付けなければなりません。絶対にこだわりたい部分とそうでもない部分とを分けることができれば、すべてにおいて中途半端で納得できない家づくりとなることは少ないでしょう。

シンプルな家づくりを目指して低予算を実現

家づくりでこだわりの部分以外の予算をできるだけ抑えたいのならば、シンプルな家づくりを目指すとよいでしょう。家のつくりシンプルであればあるほど、予算を削ることができます。壁や屋根はできるだけ凹凸の少ない長方形に近い形である方が、材料費や建築費を削ることが可能です。出窓などの装飾があれば高くなるでしょう。

設計段階で業者とよく相談する

家づくりの予算を抑え、こだわりの設計を実現させたいのならば、設計段階で業者とよく相談することが重要です。専門家としての意見を参考にし、実現可能性を高めていくとよいでしょう。

予算2000万の家は敷地を広く取るのが難しいので、建物をしっかり作るのが賢いお金のかけ方です。壁や屋根を頑丈に作る他、配線や雨どいなどの設備も補強して劣化しにくいように工夫するのが長持ちさせる秘訣です。